スポーツ
バラエティ
ドラマ
池袋ウェストゲートパーク

池袋ウェストゲートパーク

Tuesday, October 15, 2019

■あらすじ

通称「池袋のトラブルシューター」と呼ばれるマコトは、地元・池袋の工業高校を卒業後にプータローとなり、実家の果物屋を手伝ったり賭けボウリングで小遣いを稼ぎながら、池袋西口公園=池袋ウエストゲートパーク(IWGP)で過ごしている。

元は有名な不良だったが、性格は意志の強い正義漢で、池袋では名の知れた存在。そのため、マコトの家にはしばしば困難な依頼が持ち込まれるが、「めんどくせぇ!」の口癖からも分かるように面倒臭がり屋であり、当初は断ろうとするも、持ち前の好奇心と人の良さから結局首を突っ込む羽目になり破天荒な方法で解決する。

 

 

 

■感想

宮藤官九郎×堤幸彦監督のタッグ作品最高峰とも言えるこちらの2,000円に放送されたドラマ。今30〜40代のメンバーなら、懐かしさとともに胸が熱くなってくるのではないでしょうか?

とにかく、出ている俳優がすごい!今なら絶対に揃わない豪華メンバー。全員今でも大活躍の、主演張ってるメンバーばかりですからね。

長瀬智也、加藤あい、窪塚洋介、山下智久、妻夫木聡、坂口憲二、小雪、佐藤隆太、阿部サダヲ、渡辺謙…。かなりちょい役で出ている高橋一生にも注目です。

特に、単純で真っ直ぐで喧嘩っ早くて、みんなに慕われる長瀬智也演じるまこっちゃんもピッタリですし、池袋のギャング集団「G-BOYS」を束ねる、頭のネジがぶっ飛んでいるリーダー・タカシの窪塚洋介がもうカッコよくて。こんな人を惹きつける魅力のある人、今の俳優さんじゃいないんじゃないかな。

夢テレビなら、本編後に放映された番外編・「スープの回」まで見れますよ。